ナポリタン 簡単 人気。 ベーコンを使ったナポリタンの人気レシピ!ケチャップたっぷり美味しい料理

シェフ直伝! 決定版ナポリタンのレシピ。簡単なのに失敗しらず

ナポリタン 簡単 人気

どこか懐かしく親しみやすい味で、ときどき無性に食べたくなるナポリタン。 手軽に作れるメニューですが、酸っぱくなってしまったり、コクが足りなかったりと「あと少しでもっと美味しくなりそうなのに!」と思うことはありませんか? そんなナポリタンを確実にレベルアップさせるレシピを、伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケットの鈴木理繪シェフに教えてもらいました。 「くず野菜を入れることで、野菜のうまみが出汁になるんです。 そのゆで汁を炒めるときにも使います」 また、スパゲティをゆでるときは、オーバーボイルが基本。 「ケチャップがよく絡むよう規定時間の1〜2分長めにゆでましょう」 その分スパゲティは水を吸って太くなるので、スパゲティーニなどの細めのスパゲティを使うと食感よく仕上がります。 「具材を炒めたらフライパンの端に寄せ、あいたスペースにケチャップを投入します。 目安はケチャップがグツグツとするまで。 火の通りがよくなるよう箸できちんと混ぜながら加熱しましょう」 これだけで酸っぱいナポリタンとはさよならできるのだとか。 なんて簡単……! 誰でも美味しく作れる、ナポリタンのレシピ <材料>(1人分)• スパゲティーニ…80g• 塩…大さじ1• ハム(短冊切り)…1枚分• ピーマン(スライス)…1個分• 砂糖…小さじ1• バター…5g• サラダ油、トマトケチャップ…各適量• こしょう、パルメザンチーズ、ペッパーソース…お好みで <作り方>• 鍋にたっぷりの湯を沸かして塩を入れ、スパゲティーニとくず野菜(分量外)を入れ、パッケージに表示のゆで時間よりも1~2分長めにゆでる。 ポイントは、ゆであがったあとにザルなどにあげず、すぐに4の工程にうつれる状態にするのがベストです。 ゆで時間をしっかりと確認しておきましょう。 フライパンにサラダ油を入れて強火で熱し(この後も火力はそのまま)、玉ねぎとハムを炒める。 玉ねぎが透き通ってきたらピーマンと砂糖を入れてさらに炒める。 ピーマンの色が鮮やかになったら、フライパンのスペースを半分あけ、たっぷりケチャップを流し込み、加熱する。 ケチャップが煮立ってきたら具材と混ぜ合わせ、ゆで上がったスパゲティーニとゆで汁(お玉半分の量)も合わせる。 ケチャップを追加し、バターを加えて全体を絡める。 ここまでフライパンは強火で加熱し続ける。 お好みでこしょうやパルメザンチーズ、ペッパーソースをかけてもOK。 麺のコシを楽しむためにも、出来上がったらすぐ食べましょう!.

次の

ベーコンを使ったナポリタンの人気レシピ!ケチャップたっぷり美味しい料理

ナポリタン 簡単 人気

多くの人から親しまれ愛されるスパゲティ「ナポリタン」。 レストランで食べるだけでなく、自宅にある身近な材料で簡単に作ることができます。 これは湯煎するだけでOKのナポリタンソースで作ったもの。 スーパーやコンビニなどでよくみかける、1人前200円前後のレトルトソースです(トッピングのパルメザンチーズ付き)。 スパゲティに絡めるとこんな感じ。 味に満足できても、具のさびしさは否めません。 そして自炊派の人には、星の数ほどあると思える「ナポリタン」のレシピが、むしろネックになっています。 自分で作るのはやぶさかでないけれど、正直どのレシピで作ればおいしいのかわからない、選べない。 そんな方も少なくないのではないでしょうか。 私はそうでした! そこで今回は、• 材料がシンプルで• 簡単に作れて• そしてうまい! をテーマに、「ナポリタン」を作ってみようじゃありませんか。 材料シンプル、簡単ナポリタンレシピ トマトもトマトピューレやペーストなどは一切使わず、赤い色は ケチャップのみ。 調味料は 塩、コショウのみ。 わざわざ買う必要がある香辛料なども一切ありません。 具はこちら。 ナポリタンの王道、ソーセージ、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム(水煮)です。 しゃれっ気を出して生マッシュルームにしたり、ピーマンをパプリカにしたり、ソーセージを厚切りベーコンにしたり、にんにくを追加したりするのは避けましょう。 それは今回目指すナポリタンとは違う代物。 具沢山好きとしてはもっと入れたいところですが、今回は王道ナポリタンを作りたいので標準量で。 スパゲティは1. 9mm、やや太めです。 メーカーにはこだわりませんが、500g入り200~300円程度で売られている商品あたりが個人的にはおすすめ。 安すぎるものは、スパゲティ自体の味が薄い感じがします。 では作っていきましょう。 スパゲッティを茹でる 茹で汁の塩分でスパゲティに塩味を付けるため、水1. 厳格に測ると自炊が面倒になりそうなので、目分量だってOKです。 茹で加減は標準茹で時間マイナス30秒くらいを目安に。 アルデンテの食感を楽しむ料理ではありませんが、茹で過ぎには気をつけましょう。 サラダ油でケチャップを炒める スパゲティを茹でている間に具の用意をします。 最初に炒めるのは、大さじ3杯のケチャップ。 炒めることで余計な水分や酸味が飛び、ものすごくおいしいナポリタンになるのです! オリーブオイルは香りが強いので、あえて個性のないサラダ油で炒めてください。 具を炒める ケチャップの水分が減ってきたら、具も炒めます。 油やケチャップが少ないかなと思ったら、この段階で自由に追加してください。 こんな風に。 ただ、ケチャップの追加投入が遅すぎると、酸味や水分を飛ばすだけ十分に炒められないので、その判断は早めがおすすめ! 4. バターを加える 具に火が通ったらいったん火を止め、塩コショウして味をつけ、ひとかけら、10g程度のバターを投入します。 このバターがいい仕事するんですわ! 5. 茹で上がったスパゲティを加える 茹で汁は加えません。 再び火をつけ、溶けたバターとスパゲティを絡ませつつ、中火で具と混ぜます。 加熱するのはスパゲッティを炒めるのではなく、余計な水分を飛ばすためとスパゲティの茹で時間マイナス30秒分です。 そのため、全体がきれいに混ざったら、すぐに火を止めましょう。 完成! お店で出されるようなナポリタンじゃないですか! お好みで粉チーズやタバスコも存分に振りかけてください。 さっそく、実食! ケチャップの濃厚なこと! 隠し味なし、ただ炒めただけなんて信じられないほどです。 口の中でほのかに広がるバターの香り! このバターが味にコクと深みを加えるのです。 ポイントは、• 最初にケチャップを炒めること• 具を炒めるのはサラダ油、スパゲティを投入する前にバターを追加• 500g 200~300円程度の1. 9mmスパゲティ の3点。 材料がシンプルであることと作る手順が簡単であることは、自炊のハードルを大幅に下げます。 さらにそれがおいしく仕上がれば、「また作ろう」「もっと作ろう」という自炊力アップにつながります。 ちなみに私はこのレシピで「ナポリタン」を作るようになって、外食で「ナポリタン」を食べることも、「ナポリタン」のレトルトソースを買うこともなくなりました。 ぜひ「自分で作るナポリタンがいちばんおいしい!」と思える快感を味わってください。

次の

シェフ直伝! 決定版ナポリタンのレシピ。簡単なのに失敗しらず

ナポリタン 簡単 人気

パスタ 200g• ピーマン 2個• ソーセージ 3〜4本• 椎茸 2個• バター• オリーブ油 各適宜• パスタの茹で汁 大さじ6〜7• 粉チーズ• パセリ 適宜 手順• 具を食べやすい大きさに切る。 パスタを茹でるお湯を沸かし始める。 フライパンを中火に熱し、バターとオリーブ油を入れて玉ねぎを炒める。 玉ねぎが透き通ってしんなりしたら、ピーマン、ソーセージ、椎茸を加えて更に炒め、軽く塩胡椒をふる。 火が通ったら一度取り出す。 同じフライパンに2を入れ、混ぜながら中火で煮立てる。 ふつふつと泡立ち、ソースの色が赤くやや透明になるまでしっかりと煮立てる。 焦がさないように絶えず混ぜて。 5で取り出しておいた具を戻す。 軽く混ぜ合わせたらソースの完成。 火を止めておく。 パスタを茹でる。 パスタが茹ったら再び9を熱し、パスタと茹で汁を入れて手早く混ぜる。 煮詰めたソースを茹で汁でのばしつつ絡める。

次の