引越し 費用 安い。 【ホームズ】引越し費用が安い時期はいつ?一年で賃貸物件を探すのにおすすめのタイミングとは

単身の引越し費用相場はどれくらい?コツを抑えて安く済ませよう

引越し 費用 安い

とにかく引っ越し業者は安いに限る!! 長い人生の中で、一度も転居を経験しない人もいれば、何十回と経験する人もいます。 もし、初めて引っ越しをすることになった場合、何から始めたらいいかさえ分からない人も多いのではないでしょうか? でも大丈夫! 当サイトでは、 一番安い引っ越し業者や運送会社の探し方、 一括見積もりで安くするコツなどを紹介しています。 ぜひ参考にして下さいね。 一番安い引っ越し業者ランキング!料金比較で格安な会社はどこ? 安い順 業者名 料金相場 1位 サカイ 10,000円〜 2位 ヤマト 13,000円〜 3位 日通 15,120円〜 4位 ハート 15,750円〜 5位 アリさん 20,000円〜 6位 アート 25,000円〜 7位 アーク 30,000円〜 こちらは単身パックでの引っ越し料金相場のランキングです。 金額に相当な差がありますよね? 一括見積もりを利用すると、こんな感じで一番安い引っ越し業者が簡単に分かります。 引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 利用はもちろん無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 一番安い見積もりを引っ越し業者からとるコツは? 引っ越しは回数を重ねるたびに上手に、手際よくなるものです。 私もそうでしたから(笑) 最初は、引っ越し業者に言われるままに事を進めていたのが、次第に自分が主導するかたちで準備を行うことが可能になります。 更に住居を移すというのは、何かとお金が掛かるものですので、料金を安く押さえるとなるとどこを削っていくのがいいのか? 転宅転勤で会社から手当てが出る場合でも、大抵は足が出てしまうものですので、引っ越し業者の費用は少しでも安い方がいいですよね? それには・・・ちょっとしたコツがあります! 一番安い引っ越し方法1:見積もりは少しでも早く安い時期に! 1年の中で一番引っ越し業者が忙しい日といえば、3月の土曜日の大安の日です。 この繁忙日が、どのくらい前に満車になったと思いますか? なんと3ヶ月も前です! 実は引っ越し業者の価格には定価というものがありません。 トラックの空き状況に応じて、弾力的に決められているのです。 荷物を運ぶためのトラックや正社員の人件費などは固定費です。 仕事がなくても引っ越し業者の負担は変わりませんので、空きが多い状況の時には、値引き交渉に応じてくれやすいのです。 安い料金でも、とにかく予約をとって売り上げを確保しておく、ということです。 反対に、予定が詰まっていれば値引きには応じてくれなくなります。 どんな引っ越し業者も無尽蔵に人員を抱えているわけではありません。 ある程度予定が埋まっていれば、無理して安い料金で売り急ぐ必要もありませんし、自社のトラックや人員で賄えない量になると、下請けの運送会社に作業を回す分、料金も上乗せされてしまいます。 ですので引っ越しの達人は、なるべく早く見積もりをとって、安い価格になるよう、有利に交渉を進めているのです。 ちょっとしたコツですが、意外に有効なので実践してみてください。 一番安い引っ越し方法2:日にちに幅を待たせる! 業者から見積もりをとる際、通常は引っ越し日を指定すると思いますが、この日程に幅を持たせるほど安い金額で交渉しやすくなります。 分かりやすく言うと、例えば「3月5日で見積もって下さい」よりも「3月1日から3月7日までで一番安い日で見積もって下さい」という方が、絶対に安くあがるのです。 理由は上でも説明しているように、予約の空き状況によって価格が変動するためです。 一番暇な日に予約を入れてくれるなら、引っ越し業者としても値引きしてでも、とにかく仕事が欲しいわけです。 トラックや人員を遊ばせておくよりはいいわけですから。 要するに、引っ越し業者が一番暇な日時を狙えば良いのです。 そうすれば、無理な価格交渉などしなくても、ちょっとしたお願いで値引きしてくれますよ。 一番安い引っ越し方法3:とにかく一番料金の安い業者を探す! 引っ越し業者と言えば、テレビCMやインターネット広告等で有名なところはもちろん、地域密着型の会社まで沢山ありますよね。 とは言え、いくら安いからといって、あまり小さな会社では、大切な家財道具をちゃんと運んでくれるか心配です。 それに引っ越し業者に払う料金は、同じ内容でも天地ほども差があるのです。 それこそ、安いところと高いところでは、びっくりするくらいに違います。 ですので、初めての引っ越しでも損をしない為には、依頼する側にも注意が必要です。 例えば処分する家具があるケースです。 自治体によっては、無料で処分してくれるところもあれば、家具一個ごとに処分費を払う必要がある自治体もあります。 小さな家具であれば処分も簡単かもしれませんが、大きな物になると自分で運ぶことさえ困難ですよね。 そういった時、引っ越し業者による引き取りも可能ですが、処分費をきっちり見積もりに入れるところもあれば、サービスしてくれる会社もあるのです。 逆に考えてみれば、そういった処分費は、依頼する側からの交渉により、カットすることもできるものなのです。 ちょっとした交渉が、大きな節約につながるのです。 一番安い引っ越し業者を探すには見積もりを多く取って比較する! 一番安い引っ越し業者を探したいなら、なるべく多くの業者で相見積もり取って価格交渉をしましょう。 一番安い引っ越し業者を相見積もりで探すときの注意点 とは言え、相見積もりを取るにしても、最低限まともな引っ越し業者がどこか、きちんと調べる必要があります。 とんでもない不良会社で、大事な家具や貴重品が傷だらけにされたのでは、いくら費用が安いと言っても話になりません。 引っ越し業者の担当者のミスで、トラックが手配されてなくて引っ越しできなかったという話も中にはあるのですから・・ そこで当サイトでは、インターネットによる一括見積もりをおすすめしています。 一番安い引っ越し業者を探すなら一括見積もりがとにかく便利! 一括見積もりサイト側が、きちんとした引っ越し業者を厳選していますので、安心して比較することが可能です。 基本的には大手企業、または評判の良い地域密着型の会社です。 参加している業者数は190社以上、その中から最大10社に同時に見積もりを依頼することが可能です。 引っ越し一括見積もりの依頼をし、実際に見積もりをしてもらうと、安い高いの値段の差にびっくりすると思いますよ(笑) 私が初めて利用した時には、「何故こんなに値段が違うの?」と驚いてしまいました。 引っ越し業者はどこが一番安い?一括見積もりで探した体験談 いくら安いと言っても、インターネットの一括見積もりを不安に思う方もいると思いますので、実際の体験をお話します。 私の引っ越し歴は9回。 最初の引っ越しは、不動産会社からの紹介でそのまま業者を決めてしまったという、今思えば苦い経験があります。 昔のことなので、今のような便利な一括見積もりなどは無い時代です。 今のように安い引っ越し料金で済ませることなんて無理な時代でした。 それでも複数の業者から見積もりを取って交渉することくらいできたかもしれません。 でもそういったことも知らないほど、若かったんですね。 一番安い引っ越し業者は一括見積もりを利用して要領よく探す! その後、主人の仕事の都合で、日本全国を2〜3年に1度ずつ引っ越しするという人生を過ごしていますが、回数を重ねる毎に、費用をどんどん安くしていけています。 要領が分かってきて、どんどん賢くなったんです(笑) 今から2年前に引っ越しをした際にも、実際に一括見積もりを利用して、一番安い引っ越し業者を探しました。 インターネットで条件を入力し依頼すると、すぐに3社から連絡が入ってきました。 今までの経験上、実際に引っ越し業者の人が見に来て見積もりしないと、本当の費用が出せないのは知っていたので、連絡が来ることには特に抵抗はありませんでした。 一番安い引っ越し見積もりは複数業者を比較する必要がある! 私はその3社から見積もりを貰うことに決め、自宅に来て貰いました。 大手の引っ越し業者2社と地元密着型1社です。 大手は丁寧に家財道具を扱ってくれる安心感がある上に、元の値段はこんなに高いけど即決してくれたらこの値段にしてあげますよ、というお決まりの決め台詞を出してきます。 思わず「お願いします!」と言ってしまいそうになりますが、ここは我慢して3社すべてに見積もりを出して貰いました。 そうした所、地元密着型の引っ越し業者が見積もりに来る時間に遅れてしまったとの理由で、一番安い値段の提示をしてくれました。 一番安い引っ越し見積もりは高い業者の半額以下の格安だった! 処分する家具が3つありましたが、それも交渉して、すべて無料引き取りしてくれるとのこと。 この時点で地元密着型の引っ越し業者に決めました。 ちなみに大手2社の見積もり金額は約15万でしたが、約7万円まで交渉で引き下げる事ができました。 金額の交渉をする際、大手引っ越し業者の即決金額より安い額をベースに、そこから引き下げの交渉を行ったのが、良かったのだと思います。 実はあまりに安いので本当に大丈夫かと心配しましたが、当日は丁寧に作業をしてくれました。 おかげで2年前の引っ越しは、過去一番の最安値となりました(笑) 一括見積もりが一番簡単で安い引っ越しのためのコツ! 実際の体験もありますが、一括見積もりは簡単に出来て連絡をしてきてくれる上に、うまく交渉することにより納得いく引っ越しを行うことも可能です。 もちろん大手には大手の良いところもあります。 でも誰だって同じ条件での引っ越し内容になるのであれば、一番安いところに依頼したいのではないでしょうか。 是非、一括見積もりを利用して、お得な引っ越し業者を見つけましょう! 一番安い引っ越し業者を比較したいけど電話がしつこいのは嫌という人は? 一括見積もりは、複数業者から電話がかかってくるので、煩わしく感じる方もいると思います。 そういう方には、新しい一括見積もりサービス、スーモ引越し見積もりがおすすめです! スーモ引越し見積もりは電話番号の入力が必須ではないので、電話なし、ネットだけで見積もり依頼が完結できるところが特徴です。 スーモは大手企業リクルートが運営する不動産ポータルなので、利用者も多く安心ですよ。 一番安い引っ越し業者がどこかは時期や荷物量によって違う! 引っ越し業者について考えたとき、丁寧で料金が一番安い所が選ばれやすいのは当然ですよね。 反対に、高くて作業が雑な会社は、人気がありません。 ですが、引っ越し業者と言っても、数多くの会社が存在しています。 経験が少ない人などは、一体どこをどう選べばいいのか、見当も付かないことも多いのではないでしょうか? 大手、中小と大きく分けることもできますが、大手だからといって安心することができるのか、中小だからといってダメなのかは、実際のところ分かりませんよね。 引っ越しで一番大事なのは、先にも挙げたとおり、料金が安いことや、サービスがどういった内容なのかで決まってくると思います。 ランキング1位の業者でも引っ越しが一番安いとは限らない 金額は、転居のタイミングなども関係してきます。 おすすめランキングのサイトで一番安い1位の業者でも、地域や時期によっては、値引きが渋くなることも珍しくありません。 さらに細かく言えば移動距離、トラックの空き状況なども見積もり金額の高い安いに関係してきます。 大手は有名だから大丈夫という考え方は、実は信じてしまうと後で後悔することになるのです。 また中小企業の引っ越し業者のように、地域に密着したサービスなどもあるかもしれませんので、そこも視野に入れて考えておく必要があります。 もしどちらがどうなのかで迷うようなことがあれば、ネットなどの口コミも参考にはなりますが、実際のところ、人それぞれで捉え方も違っている事も踏まえておきましょう。 訪問見積もりで一番安い引っ越し業者を決める事をおすすめ 引っ越しの見積もりには、業者に自分の家の中まで来てもらい、そこで実際に荷物の量を確認して見積もりを行う、訪問見積もりという方法があります。 これは荷物の量を担当者が直接見て確認をするために、より正確な見積もりをすることができるというメリットがあります。 それ以外のメリットとして、引っ越し業者の従業員の様子を間近で見られるチャンスでもあります。 実はこれ、一番重要です。 つまり、見積もり依頼をした引っ越し業者の従業員が、どういう態度で働いているのか? ちゃんと話を聞いて理解できているのか? こういった点についてチェックできれば、それは引っ越し業者選びにおいて、一番参考になるポイントになるはずです。 さすがに真面目に仕事をしていないように見える従業員がいる会社に、依頼はしたくありませんよね? だからこそ、引っ越し業者に訪問見積もりを依頼するときには、料金が一番安いのかといった事だけではなく、しっかりとその様子をチェックしておく必要があります。 その結果、ちゃんと仕事をしてくれているとか、真面目な態度がうかがえるという場合には、見積もりの金額次第では、その会社に決めても問題ない場合もあるでしょう。 見積もり金額が一番安いからといって、家や家財道具を傷だらけにされては本末転倒ですから。 訪問は単に見積もりをする機会だけではなく、引っ越し業者の選定においても重要な役割を発揮する可能性があるので、日程に余裕があるならば、絶対に利用するべきだと思います。 見積もり金額が安いと思って依頼したら、当日、作業員が来なかったといったトラブルもありますので、人間を見て依頼するというのは重要な事なのです。 一人暮らしなら単身パックのある引っ越し業者が一番安い! 引っ越し業者の中には、一人暮らし用のサービスとして単身パックをプランとして用意している会社があります。 安い見積もりをゲットするのは、かなり重要なポイントですよね。 単身パックは、一人分の荷物であるような場合に利用できて、通常の引っ越しと比べても割安感があるサービスです。 しかし、どこでもやっているサービスではありませんので、注意が必要です。 有名な業者は大抵やっていますが、引っ越し業者は全国に非常に数がたくさんありますから、やっていないところもあります。 なので、単身パックがあるかどうかを、必ず確認してください。 基本的には、この単身パックを利用すると、引っ越し料金は割安になるはずです。 一人暮らしの荷物で済むという場合なら、単身パックを使った方が安いと言えるでしょう。 一人で転居する人は、単身パックのある引っ越し業者を選ぶことをおススメします。 もちろん、お金は別にいくらでも良いという方は、単身パックにこだわる必要はありませんよ。 ですが殆どの人は、転居に伴う費用は、少しでも安い方が良いと思っている筈です。 単身パックがあるであろう、大手の引っ越し業者を中心に見積もりなどをお願いしていくと良いのではないでしょうか? 知名度が劣る業者の場合には、単身パックなどは実施していない可能性もありますから。 どういう引っ越し業者を選ぶにしろ、見積もりの前に、安い単身パックの有無を必ず確認しておくと良いです。 それから実際にいくらかかるのか?を調べていきましょう。 当サイトで紹介している引っ越し一括見積もりを利用するのも賢い方法です。 複数の業者で見積もりできるので、単身パックの有り無しの比較も簡単ですからね。 引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 入力は1分(スマホは30秒)、利用料は無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 引っ越し費用の相場が一番安い時期は?業者の繁忙期と通常期 引っ越しには定価というものがありませんが、時期、距離、荷物量(家族・単身)によって大体の相場が分かります。 ここでは、通常期と繁忙期に分けで、引っ越し料金の相場を紹介します。 目安として参考にしてください。 通常期(5〜2月)の引っ越し費用は安い?だいたいの相場 単身 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 (荷物少) (荷物多) 全平均 27,000円 33,000円 60,000円 65,000円 70,000円 80,000円 〜15km未満 同市区町村程度 20,000円 25,400円 50,120円 60,000円 64,800円 78,000円 〜50km未満 同都道府県程度 21,600円 30,000円 58,000円 70,000円 90,000円 - 〜200km未満 同一地方程度 30,000円 42,000円 75,600円 82,000円 90,000円 140,300円 〜500km未満 近隣地方程度 43,100円 58,000円 125,500円 - 130,000円 195,000円 500km以上 遠距離地方程度 54,000円 73,500円 150,000円 185,000円 220,000円 - 繁忙期(3〜4月)の引っ越し費用は安い?だいたいの相場 単身 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 (荷物少) (荷物多) 全平均 37,000円 50,000円 78,000円 100,000円 108,000円 110,000円 〜15km未満 同市区町村程度 25,650円 35,000円 65,000円 76,000円 91,350円 - 〜50km未満 同都道府県程度 31,000円 43,000円 70,000円 111,500円 116,000円 - 〜200km未満 同一地方程度 47,260円 62,350円 97,500円 150,000円 160,000円 190,000円 〜500km未満 近隣地方程度 58,000円 85,000円 180,000円 205,000円 255,000円 345,000円 500km以上 遠距離地方程度 80,000円 105,000円 200,000円 300,000円 350,000円 357,500円.

次の

12月の引越し費用相場は安い?クリスマスや年末年始って関係ある?

引越し 費用 安い

【引越し作業】 料金を節約するため自分自身も荷物の搬出・搬入をする契約でした。 それでも搬出・搬入の9割方は結局業者の方におまかせして、逆に申し訳なかったです。 【サービス】 自分がAV関連機器の配線に疎いため、だめもとで業者の方にお願いしてみたら無償で快く配線作業を引き受けてもらえました。 とてもありがたかったです。 【接客対応】 引越し作業は、引越元、引越先ともに2名が来られました。 いずれのときも懇切丁寧に受け答えしていただき、作業も迅速にをすすめていただきました。 … 続きを見る 【料金】 料金を節約するため自分自身も荷物の搬出・搬入をする契約でした。 実質自分はほとんど作業をしていないのでかえってお得でした。 【総評】 以前別の引越しでは別の業者にお願いしたのですが、そのときに非常に失礼な振る舞いをされ嫌な思いをしていました。 そのときから引越し業者に対して悪いイメージを抱いていたのですが、今回の業者にお願いしたときは全くそのイメージが払拭されるほど好印象を持ちました。 引越し業者によっては、当たりはずれがあるのだなと感じました。 【引越し作業】 丁寧で無理なく運ぶ感じで安心でした(スピードばかりで雑なのは嫌なので)。 ハンガーにかけてある洋服をそのまま運べるよう工夫していただくなど、女性にありがたい心遣いがあったのも良かったです。 【サービス】 家電設置のついでということでアンテナ設置までサービスしていただきました。 助かりました。 【接客対応】 電話での見積対応が丁寧で、作業員の身だしなみや言葉遣いも清潔感があって好印象でした。 … 続きを見る 【料金】 作業的には見積もり通りでしたが、千円以下を切り捨てで値引きしてくれました。 少しでもありがたかったです。 【総評】 福岡の親戚が利用してとても良い業者だと聞いていたので選びましたが、対応の良さが印象的で気分良く引越しができました。 会社の知名度や料金だけにこだわりすぎるのも良くないな、と思いました。 引越しは限られた時間の中で、住居の契約・解約、引越し業者の手配、各種住所変更等の手続き、荷造り・不用品の処分などたくさんのことをしなければなりません。 いつ、何をすればよいのか引越し準備のやることリストで大まかな流れを確認し、効率よく進めましょう。 引越しが決まって〜1か月前 退去日・入居日を決める 引越し業者に一括見積もり依頼・業者を決定 転校手続き 1か月前〜2週間前 ガス・水道・電気・電話・インターネットなどの使用停止・開始手続き 火災保険・地震保険の手続き 不用品・粗大ゴミの処分 梱包資材の調達 2週間前〜1週間前 転出する市区町村での手続き 郵便物の転送手続き 普段使わないものから荷造り開始 引越しはがきの用意 1週間前〜前日 引越し挨拶品の用意・旧居での引越し挨拶 前日 前日まで使っていたものの荷造り 当日(旧居) 引越し作業員との打ち合わせ、作業確認 エアコン、照明器具の取り外し作業立会い 当日(新居) ガス・水道・電気の使用確認 引越し料金の精算 新居での引越し挨拶 翌日以降 転入する市区町村での手続き 転校手続き 金融機関への住所変更届 自動車やバイクに関連する登録内容変更手続き 荷解き、使用済みダンボールの処分 1年の中で引越し業者の繁忙期とされているのが3月と4月です。 就職や入学など生活の変化に伴う引越しが集中しやすく、閑散期に比べると引越しの見積もり金額が1. 5倍〜2倍になることもあります。 引越しをする人が増えればどこの引っ越し業者にも多くの見積もり依頼があり、他社と価格競争をする必要がなくなるため引っ越し料金も高くなる傾向があります。 また、9月頃も社会人の転勤や転職シーズンなので、引越し業者には多くの見積もり依頼が集中します。 引っ越し一括見積もりサービスを活用することで、引越しをする人が多く引越し料金が高騰しがちな繁忙期でも、空きのある引っ越し業者を効率的に見つけることができ、引越し料金を安く抑えることができます。 一括見積もり時に、時間帯を指定することができますが、メリット・デメリットをきちんと把握した上で選択することが大切です。 朝の引っ越しはその日のうちに引っ越し作業が完了して夜には後片付けができるので、小さな子供がいる家族に人気です。 また自分の前に引っ越し作業が入っていないため、時間どおり作業を開始してもらえるというメリットもあります。 一方、午後の引っ越しは予定が狂うこともしばしば。 荷物の到着が夜になると、片付けの開始時間も遅くなってしまいます。 時間にこだわりがなければ、料金を安くできる「開始が遅いプラン」や「時間指定なしのフリープラン」を活用するのもよいでしょう。 ただし、深夜に荷物が到着することもあるので周囲に気を使うなど、料金以外にも考慮しなければいけないことがあります。 とはいえ、 2日前からのキャンセルはキャンセル料が発生しますし再度日程を調整する手間もかかります。 できるだけキャンセルすることにならないよう、しっかり予定をたてて引っ越し日を決めましょう。 また、標準引越運送約款により「地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れそのほかの天災」で引っ越しをするのが困難と業者が判断すれば業者が引っ越しをキャンセル・延期してもよいとされています。 このような場合は利用者にも業者にも責任がないため、キャンセル料を支払う必要がないケースもあります。 しかし、どの程度で「引っ越しが困難な状態」とされるかは業者や運ぶ荷物、搬出場所・搬入場所によって異なります。 台風などの悪天候が予想される場合、どのような対応になるのか事前に確認しておきましょう。 もし悪天候の中引っ越しをすることになっても、引越し業者はなるべく荷物が濡れないよう対策をしてくれます。 対策内容や荷物に何かあった際の補償は業者によって異なりますが、不安があれば自分でも 電化製品や革製品を中心にビニールで包んだり、荷物をすぐに拭けるよう雑巾やタオルを用意しておくとよいでしょう。 引っ越しは、家中の荷物をすべて運び出し新居に移すという、大変な作業を伴います。 たとえプロの業者に頼んだとしても、大小様々なトラブルに見舞われることも少なくありません。 引っ越しトラブルで多いのが「荷物の破損・紛失」「作業の不履行」「引越し料金」に関することと言われています。 このような引っ越しトラブルに直面した時に拠り所となるのが、引っ越しの基本ルールを定めている「」です。 利用者側も約款を受け取るだけでなく、内容の確認も忘れずにしておきましょう。 以下にトラブルが起きやすいポイントを挙げてみました。

次の

一番安い引っ越し業者はどこ?はっきり正直に答えます!引越十段!

引越し 費用 安い

引越し料金は、引越しする時期によって変動します。 とくに注意したいのが、引越し業者に依頼が集中する3〜4月。 この時期は繁忙期と呼ばれ、それ以外の時期(通常期)に比べて、引越し料金が高めに設定されています。 繁忙期と通常期の引越し見積もり料金の平均をまとめたのが以下の表です。 引越し見積もり料金が高い時期(繁忙期)は3月と4月 引越し業者に依頼が集中するのは3〜4月です。 入学や卒業、就職、転職など、新生活がスタートさせる方が増えるこの時期、引越し業者は繁忙期をむかえます。 繁忙期となると、引越し業者では作業を担当するスタッフや手配できるトラックが不足しがちに。 そのため、希望した日に引越し予約をとりづらくなります。 繁忙期に引越しを予定している方は、引越し難民とならないためにも、早めに引越しの計画を進め、予定日を押さえておくことが大切です。 できるだけ安く引越しすることを優先したい場合は、繁忙期を避けて引越しするのがよいでしょう。 引越し見積もり料金が安い時期(通常期)は5~2月 繁忙期を除く、5〜2月は通常期と呼ばれます。 ゴールデンウィークがある5月、人事異動にともなって転勤が増える9月など、通常期でも引越し業者への依頼が一時的に増えることはありますが、繁忙期のように件数が多くなることはないようです。 通常期は、繁忙期に比べると引越し見積もり料金が安くなる傾向があります。 安く引越ししたい方は、ぜひこの時期に引っ越すとよいでしょう。 ただ、単身者の場合と比較して、繁忙期と通常期との差額が大きくなっています。 家族の引越しでは、休みを合わせたり、子どもの学校の事情があったりと、3月や4月の引越しが避けられないケースが多く、繁忙期に引越しが集中しやすい傾向があるのかもしれません。 単身者の引越し見積もり料金が安くなるのは11月、12月、8月 では、引越し見積もり料金が最も安くなるのはいつでしょうか。 以下の表は、単身者の引越しにかかった費用を月別にまとめたものです。 次いで8月が安く、45,746円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で58,168円、次いで4月が高く、55,010円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で13,135円となっています。 荷物が多い単身者の引越し料金が最も安くなるのは11月で、56,935円。 次いで8月が安く、58,447円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で87,643円、次いで4月が高く、81,943円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で30,708円となっています。 時期によって料金が変動することについて、アート引越センターの塚本斉さんに伺いました。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でも例えば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、そのなかでも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 3〜4月にかけて引越しの依頼が集中するため、3月・4月の料金が高くなるわけですね。 ただし、同じ3月でも、引越し料金を安くするためには、下旬より上旬に引越しするほうがよさそうです。 それぞれ、75,567円、93,538円となっています。 4人家族の引越し料金が一番安くなるのは6月で119,801円です。 逆に、引越し料金が一番高いのが3月。 2人家族は118,811円、3人家族は153,053円、4人家族は188,056円です。 引越し料金が最も高くなる月と安くなる月の差額は、2人家族で43,244円、3人家族で59,515円、4人家族で68,255円に。 単身者と同様、家族やカップルの場合でも、繁忙期の引越し料金が通常期に比べて大幅に高くなっていることが分かります。 引っ越し料金は、引っ越しする時期や家族の人数によって大きく変動することが分かりました。 では、やむをえず繁忙期に引っ越しする場合、引っ越し料金を安くするにはどうしたらよいのでしょうか。 ここからは、引っ越し料金を安くするための方法をご紹介します。 1:複数の引越し業者の見積もりから一番安い料金を選ぶ 引っ越し料金は業者ごとに異なるため、最も引っ越し料金が安い業者を見つけるためには、複数の引っ越し業者から相見積をとり、比較する必要があります。 とはいえ、何社にも見積もりを依頼するのは面倒なもの。 そんなときに役立つのが、一括見積もりサイトです。 引っ越しに関する基本的な情報を入力するだけで、大手から中小まで、さまざまな引っ越し業者に見積もりを依頼することができます。 各社が提案する引っ越しの料金が一目で分かるので、簡単に最も安くなる業者を探し出すことができます。 2:訪問見積もりを依頼する 電話やネットで引越し見積もりをすると、荷物の量を自分で申告するので、あやまって多めに申告してしまうこともあります。 そうすると、見積もり料金が実際よりも高くなってしまう可能性があります。 荷物の量を正確に把握する自信がない場合は、訪問見積もりを利用するのもよいでしょう。 訪問見積もりとは、引っ越し業者に自宅を訪問してもらい、荷物の量などを実際に見て確認しながら引っ越し料金の見積もりを依頼することを言います。 訪問見積もりでは、熟練のスタッフが見積もりしてくれるため、正確な引っ越し料金を知ることが可能です。 実際、引っ越し会社の営業担当者に、訪問見積もりが本当に必要かどうか聞いてみたところ、どの引っ越し業者も「訪問見積もりしたほうが引っ越し見積もり料金が安くなることが多い」と回答しています。 また、訪問見積もり時に引越し料金を安くしてもらうよう交渉することもできます。 なかには「いま決めてくれたら〜円安くします」と即決を条件に値引きを提案する引越し業者もあります。 ほかにも検討したい引越し業者がある場合、見積り額に納得いかない場合は、きちんと断りましょう。 3:引越し前に不用品をできるだけ処分する 荷物を減らし、引っ越しに使用するトラックの大きさをサイズダウンできれば、大幅に引っ越し見積もり料金を抑えることが可能です。 引っ越しの荷物がどのサイズのトラックでまかなえるのかを知るのは難しいもの。 そこでトラックの大きさごとの引っ越し料金相場を以下にまとめました。 【トラックの大きさごとの料金の相場】 トラックの種類 大きさ 荷物量の目安 料金の目安 軽トラック 約5~5. 5㎥程度 単身(荷物小) 34,372円 1. 5トントラック 2トンショートトラック 約10~11㎥程度 単身(荷物大) 48,697円 2トンロングトラック 2. もしこれを2. 5トントラックにサイズダウンすることができれば、引っ越し料金は69,887円に。 14,187円も安くすることが可能です。 引っ越しの荷物を減らすには、不用品をできるだけ処分するのがおすすめです。 使い古して捨てようかと迷っている大きな家具など、引っ越しする前に捨てることができれば、ワンサイズ小さいトラックを使用できるかもしれません。 引っ越し料金を安くすることを優先するのであれば、引っ越し後ではなく引っ越し前に不用品の処分を検討しましょう。 4:大安を避ける 縁起がよいとされる大安を避け、仏滅や赤口などを選ぶことで、引っ越し見積もりが安くなる場合があります。 引っ越しする日のお日柄を気にする方は少なくありません。 とくに参考にされることが多い暦注が六曜。 そのため、縁起がよいとされる大安の日に引っ越し依頼が増える傾向にあり、割引が適用されにくくなる可能性が高まります。 縁起のよい悪いはあまり気にしない、それよりも引っ越し料金が安くなるほうがよいという方は、ぜひ仏滅や赤口を狙ってみるとよいでしょう。 5:早めに引っ越し見積もりを申し込む 早めに引っ越し見積もりを申し込むのも得策です。 早いうちから引っ越し会社に混雑していない日を問い合わせ、提案された日に引っ越しを依頼することで、値引きを検討してくれる引っ越し業者もあるからです。 早めに引っ越し予約すると、「早割」のようなサービスを受けられるケースもあります。 引っ越しすることが早くから分かっている場合は、日程に余裕をもって早割りサービスを積極的に利用するとよいでしょう。 6:梱包・荷ほどきは自分で行うプランに 引っ越しの荷物の梱包や荷ほどきを自分で行うプランを選択することで、引っ越し見積もり料金が抑えられます。 引っ越し業者には、梱包や荷ほどきなどをすべて業者まかせにできるプランがあるのが一般的です。 そのようなプランでは、引っ越し作業の手間が少ない反面、料金が高くなる傾向があります。 引っ越し料金を安くするのであれば、荷物の運搬以外の周辺的な作業を自分でするプランを選びましょう。 7:単身者なら単身パックがおすすめ 単身者であれば、単身パックを利用することで引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 荷物が少ない単身者向けに、多くの引っ越し業社が単身パックを用意しています。 単身パックとは、引っ越し業者ごとにコンテナを用意し、それに収まる荷物だけを運ぶプラン。 輸送できる荷物が少ない代わりに、料金が安くなっているのが特徴です。 引っ越し業者が提供する単身パックには以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン内容 コンテナサイズ 日本通運 「単身パックS」「単身パックL」の2種類から選択できる。 混載便とは、同じ方面に向かうトラックの荷室を共有し、引っ越しの荷物をまとめて運ぶ引っ越しトラックのこと。 引っ越し業者が提供する混載便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アーク引越センター ミニ引越し長距離プラン ワンルーム〜1LDKまでの少ない荷物の量で長距離(100km以上が目安)の引っ越しの場合に利用できる。 大型家具・家電の荷造りや運び込み、配置などはスタッフが対応。 1台のトラックで複数の引っ越しをまかなうため、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 運搬できる荷物の量が限られているため、荷物の量が少ない方はぜひ確認してみてはいかがでしょうか。 9:コンテナ便を利用する 荷物の量が多い方は、コンテナ便を利用することで引っ越し見積もり料金が安くなるかもしれません。 コンテナ便とは、JRの貨物用コンテナを使って引っ越しの荷物を運ぶ方法のこと。 トラックの燃料費や人件費を削減できるぶん、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 単身者だけでなく、家族のように荷物が比較的多くても利用できる場合があります。 引っ越し業者が提供するコンテナ便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アリさんマークの引越社 長距離エコ便 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと搬出、新居への搬入と最寄り貨物駅まで/からのトラック輸送を担当。 長距離エコリーズナブルパック 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと運び出し、新居での搬入作業などを担当。 ただし、通常の引っ越しよりも輸送日数が余計にかかる傾向があり、住まいと駅が離れていると、かえって費用がかかるケースもあるので注意が必要です。 10:長距離の引越しなら帰り便が使える場合も 帰り便が利用できれば、引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 帰り便とは、引っ越し作業を終えて帰途につく空のトラックを有効活用するプランのこと。 引っ越し料金には、往復分の運賃が含まれるのが一般的です。 ところが、帰り便で必要なのは片道分の運賃だけなので、引っ越し見積もり料金が安く抑えられます。 引っ越し業者が提供する帰り便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 料金(税別) プロスタッフ 長距離引越し格安プラン 52,000円〜(関西方面) 42,000円〜(中部方面) 66,000円〜(中国方面) 76,000円〜(四国方面) 91,000円〜(九州方面) 55,000円〜(東北方面) ただし、帰り便では、あくまで往路を行く便が優先です。 そのため、日にちや時間帯の希望が通らない可能性も少なくありません。 11:フリー便や午後便がお得! 引っ越し見積もり料金は引っ越し時期だけでなく、引っ越しする時間帯によっても変動します。 とくに予約が集中しやすい午前中に作業を開始するほうが午後よりも高くなる傾向があるようです。 そのため、時間指定をしないフリー便や午後便を利用することで、引っ越し見積もり料金を安くすることができます。 ただし、引っ越しの移動距離が長く荷物の量も多い場合は注意が必要です。 引っ越し作業に時間がかかり、その日のうちに作業が完了しなかった場合、追加料金を請求される場合があるからです。 事前に引っ越し業者に相談するとよいでしょう。

次の