ふうか ローマ字。 ローマ字で名前「こうき」はどう表記すればいい?

“ふうか”のローマ字表記

ふうか ローマ字

外国では誰でも自分の名前を自分の言語流のつづり方で書いています。 日本人も自分の名前を日本語流のつづり方(訓令式ローマ字)で書くのが当たり前だと思います。 外国人にどう読まれるかについては、外国人の名前なんて、そもそも読み方のルールが分からないし、分かったところで正しい発音では読めないのが普通です(外国語の発音ですから)。 日本人の名前をどんな方式のローマ字で書いても外国人に正しく発音してもらうことはできません。 adam. A ベストアンサー 繰り返します。 ヘボン式ローマ字綴りは長音符号を附けます。 「交番」を「KOBAN」とするのは、正式なヘボン式ではありません。 鉄道の駅名表示がヘボン式です。 html パスポートの「H」挿入も 大石を「OHISHI」とすれば「おひし」になり、 大矢を「OHYA」とすれば「おひゃ」になります。 また結城は「YUHKI」を認めないなど、不整合です。

次の

「づ」のローマ字表記についてご意見聞かせてください。

ふうか ローマ字

教科書に書いている事だから間違いではないと思うのですが。 昔は不思議に思わなかったのですが、最近パソコンをするようになってから、これでは子供がパソコンを扱う時、困るのでは?とおもいます。 このことで、子供とケンカまでしました。 誰かローマ字や教科書に詳しい方教えてください。 A ベストアンサー あの,質問文を読んでも,要するに何をお聞きになりたいのか今一つはっきりしないのですが…。 とりあえず,ローマ字表記法に関する説明を書くことにします。 いろいろ出ていますが,まず各種のローマ字表記法の違いや歴史については,「猫にもわかるローマ字」(参考URL)にたいへん詳しく書かれています。 その記述の適確なこと,内容の詳しいこと,資料の豊富なこと,かならず出典にあたっていること,情報源を明記していることなど,たいへん素晴らしいサイトで,ローマ字のことならまずここといっても良いと思います。 で,今わが国で公に定められたローマ字の書き方というのは,昭和29年内閣告示第1号「ローマ字のつづり方」なんですね。 この告示と同時に,内閣訓令第一号「ローマ字のつづり方の実施について」というのが出されているので,今日では訓令式といったらこの方式を指すことが多いようです。 (もっとも,昭和12年に文部省が定めた方式も訓令式と呼ばれることがあります) これは第1表と第2表があって,第1表(従来の日本式をやや簡略化したもの)がメインになっており,「国際的関係その他従来の慣例をにわかに改めがたい事情にある場合に限り、第2表に掲げたつづり方によつてもさしつかえない」となっています(第2表がヘボン式)。 (じゃあ日本式ってなに,ということになりますが,これは物理学者の田中館愛橘という人が明治18年に発表したものです。 くわしくは上記サイト参照) つまり,原則は日本式で,ヘボン式は例外,という書きかたなので,学校でも日本式を主にしているのでしょう。 長音を表す符号は,もともと日本式では「^」(フランス語の記号名を借りてアクサンシルコンフレックスという),ヘボン式では「 ̄」(マクロン,またはオーバーラインという)でして,昭和12年の(旧)訓令式ではヘボン式に譲歩?して「 ̄」になったのですが,現行の訓令式では「^」になりました。 「学校」をひらがなで書くと「がっこう」となります。 なにげなくこう書いていますが,このバックには「現代仮名遣い」というルールがあります。 「現代仮名遣い」では,「オ段(オコソトノ……)の長音は,ウをつけて書く」というルールがあります。 「学校」の「校」は実際には,「コ」の長音,つまり「コー」と発音されるのが普通です。 (panchoさんは「コウ」と発音していらっしゃるようですが,これは相当珍しいと思います。 私の回りでそういう発音を聞いたことはありません。 たとえば,「学校ってひらがなで書くとどう書くの?」ときかれれば「が,つ,こ,う」のように言うでしょうが,通常の会話で「コウ」のウを「うなぎ」のウのように発音していらっしゃるとしたら,かなり珍しいおかただと思います。 ) また,「歴史的仮名遣い」では,「がくかう」と書きます。 これは,漢字の音読みが伝わってきた時代(主として奈良~平安時代)の発音に準拠する,というルールがあるからです(本当は,漢字の音読みについては当時の中国語の発音とかいろいろ難しい問題があるが,ここでは省略)。 そして,「訓令式」では「gakko^」と,またヘボン式では「gakko ̄」と書きます。 何が言いたいかというと,現代仮名遣いも,歴史的仮名遣いも,訓令式もヘボン式も,すべて日本語を「書き表す」方式だということです。 ところが,時代が下って世の中にコンピュータやワープロというものが登場すると,日本語を「入力する」ためのローマ字というものが生まれました。 この場合,最終的に表記される形としては,ひらがな(さらには漢字)に変換されるわけであって,ローマ字というのは一瞬で消える,いわば仮の姿なのです。 その際に必要なのは,ひらがなに正しく変換される,ということですので,従来の,表記のためのローマ字とは必ずしも一致しません。 そこで,日本語の音の体系としてこれは「こ」の長音である,なんてことには関係なく,たとえばkouは「こう」に対応し,ko-は「こー」に対応する,というようなことになるわけです。 また,「(訓令式は)実生活とかけ離れすぎていると思います。 」という回答もありましたが No. 5 ,入力のときに「チ,ツ」を訓令式で打っている人って多いのではないでしょうか? もしヘボン式しか教えていなければ,みんなchi, tsuと打つことになります。 また,図書館のローマ字の話が出ていましたが,これはカード目録の話で,コンピュータ検索であれば訓令式であろうとヘボン式であろうと使えるのが普通です。 (ただし,一般の地図に使われている表記は圧倒的にヘボン式が多いのもまた事実です) また,国際規格ISO 3602として定められている「日本語のローマ字表記法」も訓令式です。 訓令式は決して死んでいません。 (といいつつ,自分が英語で文章を書くとき,人名や地名をどう書くかといわれると,ヘボン式なのですが,これは単なる個人的な好みの問題です) というわけで,第3の方式として「入力用ローマ字」というものが登場し,これは従来の「最終的にその綴り字で書き表す」というためのローマ字とは別物だということは知っておいていいと思います。 というか,小学校でローマ字を教えるのであれば,教師はそのへんをきちんと意識して教えないと,子どもが混乱しやすいよ,ということです。 親子げんかのタネになったりするかもしれませんし。 パソコンで日本語を打つときは,大体それと一緒だけど,ちょっと違うところもあるから気をつけてね」って教えてもらえれば,だいぶ助かるのではないでしょうか。 個人的には,きちんと英語の学習を開始して,アルファベットを習ってからやればいいと思うのですが,小学校でもコンピュータを使うようになっているので,難しいところですね。 (だから小学校でも英語を教えようとしてるんだったりして。 ) おまけですが,選挙民とか主権者云々の議論が出ていますので一言。 かつてローマ字の表記法を争点とした選挙があったでしょうか。 確かに,決められたルールだから守る,というのは大事ですが,一方で,おかしいものはおかしいとハッキリ主張することも主権者として大事なことだと思います。 まして,ローマ字表記法は法律で定められたものではありません。 したがって,選挙で選んだ人々(国会議員)が決めたルールだから云々という議論はいささか筋違いに思われます。 昭和29年の訓令でも「各官庁において、ローマ字で国語を書き表わす場合には、このつづり方による……ように努めることを希望する。 」とあるだけで,官庁以外での使用についてはなにも言っていませんし,官庁においても,たとえば道路標識など,ヘボン式を使っているところはいくらでもあります(まあ第2表に従ったと考えれば,これも内閣の規定にのっとって書いているといえるでしょうが) この議論だと,学校教育におけるローマ字の教え方一つ変えるのにも総選挙しなくてはいけませんね。 公共機関の行なっていることに対して何か議論が起きるたびに選挙をしていては,一年間に何千回,何万回選挙をやっても追いつかないでしょう。 (すみません,長くなってしまいました。 halcat. とりあえず,ローマ字表記法に関する説明を書くことにします。 いろいろ出ていますが,まず各種のローマ字表記法の違いや歴史については,「猫にもわかるローマ字」(参考URL)にたいへん詳しく書かれています。 その記述の適確なこと,内容の詳しいこと,資料の豊富なこと,かならず出典にあたっていること,情報源を明記していることなど,たいへん素晴らしいサイトで,ローマ字のことならまずここといっても良...

次の

「フ」のローマ字表記は「hu」?「fu」?|NHK放送文化研究所

ふうか ローマ字

『ゆうき』くん、『ゆうか』ちゃん等、『ゆう』が付くお名前での表記に悩まれるお客様が 大変多くいらっしゃいます。 パスポート等で使用される「A:ヘボン式」ですと、「U」を重ねて使用しないため、 「YUKI」(ゆき)くん、{YUKA」(ゆか)ちゃんと別の名前になってしまいます。 よって、「お名前をおぼえてもらう」ことが目的でお作りするお客様には、 「A:ヘボン式」はあまりおすすめ致しておりません。 L*Cでは、「C:ハイフンを使用」「D:長音記号を使用」しての制作も可能ですので お好みでお選びいただければと思います。 (ローマ字表記で出来るだけ正しく表記するには、「D:長音記号」がよろしいかと思いますが デザイン重視であれば、「C:ハイフン」ですとバランスが崩れにくいです。 ) パスポート等で使用される「A:ヘボン式」です と、 ふりがなを「う」としたものは「U」を入れない た め、 「KOTARO」(こたろう)くんと別の名前になってしまいます。 よって、「お名前をおぼえてもらう」ことが目的でお作りするお客様には、 「A:ヘボン式」はあまりおすすめ致しておりません。 ですが、 「おう」と発音する場合は「OH」と表記する例外も可とされておりますので こうたろうくんの場合は「B:ヘボン式例外」の「KOHTARO」くんをおすすめ致します。 また、L*Cでは、「C:ハイフンを使用」「D:長音記号を使用」しての制作も可能ですので お好みでお選びいただければと思います。 このローマ字表記表は、 パスポート等で使われる一般的な「ヘボン式」によるものです。 表記でお間違いになりやすい部分は色を変えて表記してありますので、 ご参考になさってみてください。 ( では、「お名前を覚えてもらいやすい表記・お好みの表記」をお勧めしておりますので、 この「ヘボン式」に限らずお作りしております) また、このページの最下部に、 表記について 多くお問い合わせをいただくお名前の表記例を掲載しておりますので、 そちらもあわせて参照くださいませ。 もちろん、表記についてのご相談もお受けしております。 お気軽にまでお問い合わせ下さい。 ヘボン式表記での注意事項… 神奈川県パスポートセンターHPより) 撥音(はつおん)の特例 「ん」で表記される撥音は「N」で表記する。

次の